株式会社平和医療器械 go to top
 
y
トップページ
contents
会社概要・マップ
納入実績
弊社のご案内
資料請求
リンク
展示会・学会年間スケジュール
製品紹介

新商品のご紹介



 

■鉗子
/鉗子の使用法
■レトラクターパッド
/レトラクターパッドの使用法
■カメラカバー
■吸引洗浄セット
■内視鏡スコープホルダー
■フレックスアームスコープホルダー
■ラパロスコープ用 ヒーター付カップ
ラパロ吊り上げ器械
カラーイラストでみる外科手術の基本の書籍中でのご紹介

 
 
img
Visionsense 3DHD・IRIDIUM

画期的な3Dフルハイビジョン内視鏡
ビジョンセンス3DHDシステム

内視鏡外科手術は通常2D(2次元)モニターを見ながらの手術ですが、術者は奥行感覚がないため手術操作が困難な場合やオリエンテーションがつくりにくい。また、2Dの場合、錯覚も起こり術中操作ミスの原因ともなり得ます。 (ショートムービー参照)https://drive.google.com/file/d/0B40aBePCinuAemlKaGVORWZINFE/view?usp=sharing

イスラエルで特許開発された3D内視鏡“ビジョンセンス3DHDシステム”はWi-Fiを考案したアビヤロン氏がバイクの事故で偶然自分自身に見つかった脳腫瘍をどうしたら小さい傷で、手術による損傷を少なく除去できるかと考えたことがこの開発のきっかけである。

Wi-Fiを開発したほどの技術者であることから昆虫の複眼のように多数のマイクロレンズのロジックをもつセンサーシステムを開発し、内視鏡部分は単眼である他に比類のないシステムを開発した。開発した特許としては容量画像情報、時間、面積、照明等の多重ドメイン情報を検知する単一センサであり、この領域で米国等で10数件の特許を取得しております。(別紙)
要するに他社にない画期的な3Dの内視鏡システムであります。

特徴としては
・フルハイビジョン1920x1080の高鮮明の解像度であり、かつ径が最小4mmの内視鏡も使用できる。
・3D内視鏡にありがちな、術者の頭痛、吐き気などの疲労症状が少ない。
・深い焦点距離
・カメラヘッドは軽量で、かつ手元のボタンでズーム、静止画、録画等さまざまなプログラムの操作が可能
・MMS(ミニチュアマイクロスコープ)(我々はスーパービジョンと呼ぶ)をカメラヘッドに装着することにより手術用顕微鏡のように広範囲にかつ高倍率で使用できる。(鏡筒を覗く必要はなくなる)
・赤外線蛍光観察用カメラ(ICG用カメラ)をオプションで搭載できる。(部屋を暗くする必要はなく、また、
実映像に強度を色分けした蛍光画像を重ねることができる)
・既存の2Dのスコープ(硬性鏡)も使用できる。(2Dカプラ使用ただし2D画像となります)

があげられるが、いろいろな拡張機能も今後上市される予定です。

VS3ビジョンセンス3DHDシステムカタログダウンロード
ビジョンセンス赤外線蛍光観察システムカタログダウンロード


   
     
 Copyright(C) 2004 Heiwa Iryo Kikai Co.,Ltd. All rights reserved.